2012.11.16 Friday

Sqaleで「Ruby 2.0 プレビュー版」がご利用いただけるようになりました

2013/05/09追記: Ruby 2.0(安定版) に対応しましたので、こちらをご覧ください

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。

Sqaleで「Ruby 2.0 プレビュー版」がご利用いただけるようになりました!
Ruby 2.0はRubyの次世代安定版で、11月2日に最初のプレビュー版である2.0.0-preview1がリリースされました。
Ruby 2.0にはさまざまな新機能が含まれますが、Sqaleで一足早く体験することができます!

SqaleでRuby 2.0を利用するには

SqaleではすべてのアプリケーションとコンテナにRuby 2.0がインストールされています。
Ruby 2.0をご利用いただくためには、コンテナにSSHでログインしてRubyのバージョンを変更してください。

(以下のコマンドはお手元のコンピューターで実行します)
$ ssh -p 2222 sqale@gateway.sqale.jp

コンテナ内でRubyのバージョンを変更するにはrbenvコマンドをご利用いただけます。

(以下のコマンドはコンテナ内にSSHでログインしてから実行します)
$ rbenv global 2.0.0-preview1
$ ruby -v
ruby 2.0.0dev (2012-11-01 trunk 37411) [x86_64-linux] # このようなバージョン番号が表示されます

Ruby 2.0を使ってアプリケーションを実行するには

SqaleにデプロイしたアプリケーションをRuby 2.0で実行したい場合は、Rubyのバージョン変更を行ったうえでbundle installを実行し、必要なライブラリをインストールする必要があります。
bundle installの実行後はアプリケーションを再起動してください。

(以下のコマンドはコンテナ内にSSHでログインしてから実行します)
$ cd $HOME/current
$ RAILS_ENV=production bundle install
$ /etc/init.d/app restart

Sqaleは今後も継続的にRubyのバージョンアップを実施し、最新の機能をいち早くご提供していきます。
今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。

Sqaleの更新情報はお知らせブログやTwitter、Facebookページでご覧いただけますので、お見逃しなく!

2012.11.12 Monday

「Sqaleの特長」ページを公開しました

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。

Sqaleでご利用いただけるさまざまな機能を一覧で紹介する「Sqaleの特長」ページを公開しました!


Sqaleの特長
https://sqale.jp/feature

データベース、SSH、cron ... 多彩な機能がご利用いただけます

Sqaleでは全てのアプリケーションでバックアップ体制の整ったデータベースサーバーへのSSHログイン、登録数・実行回数に制限なしのcronなどの多彩な機能がご利用いただけます。
データベースサーバーのバージョンや各種ログファイルの場所も明記しておりますので、ご自由にご覧いただけます。

無料で使えるSSLや独自ドメインの利用、快適なレスポンスの秘密も教えます

Sqaleで作成したアプリケーションは無料でSSLがついてきます
アプリケーションごとに固有のsqale.jpドメインのURLを https:// に変更するだけで、SSL接続がご利用いただけます。

独自ドメインを使いたいというご要望にももちろんおこたえします。ドメインのCNAMEを設定すれば、お好きなドメインでサービスを公開できます。独自ドメインの設定方法は技術的な仕様に関する質問のページをご覧ください。
ドメインの取得にはムームードメインがおすすめですよ。

Sqaleで公開したサービスが以前より速く感じたことはありますか?SqaleはAmazon Web Service (AWS) の東京リージョンで稼働していますので、海外のPaaSに比べて日本国内からのアクセスが速く、サイトの閲覧もSSHによる操作も快適です。

キャッシュサーバーに独自SSL、開発中の機能も大公開

Sqaleの特長」ページでは、絶賛開発中の新機能も紹介しています。
数多くご要望をいただいているキャッシュサーバーや、独自ドメインでもSSL接続をご利用いただける独自SSLなど、本格的なサービスを運用したい方にもご満足いただける機能を開発していますのでお楽しみに。

機能紹介のページは今後もどんどんアップデートしていきますので、チェックしてみてくださいね。
Sqaleの更新情報はお知らせブログやTwitter、Facebookページでご覧いただけますので、お見逃しなく!

今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。

2012.11.08 Thursday

SFTPによるデプロイの速度を改善しました

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。 SFTPによるデプロイの速度を改善しました。それに伴い、デプロイ方法をGitとSFTPのうち片方から一つ選ぶ仕様に変更しました。

【デプロイ方法について】
Sqaleでアプリケーションを公開する際に、サーバー上へプログラムをアップロードすることをデプロイといいます。SqaleはGitとSFTPという二種類のデプロイ方法をご利用いただけますが、デプロイ方法を選択制に変更しました。

これまでは両方のデプロイ方法を同時にご利用いただけましたが、GitでアップロードされたファイルとSFTPでアップロードされたファイルの同期処理のためSFTPによるデプロイに時間がかかっておりました。この変更でSFTPによるデプロイの速度を改善しました。

【変更後のご利用方法】
・Gitによるデプロイをご利用のお客様
標準のデプロイ方法はGitとなっております。Gitによるデプロイには変更ございませんので、これまでどおりご利用いただけます。

・SFTPによるデプロイをご利用のお客様
SFTPによるデプロイを利用するには、設定の変更が必要となります。アカウント設定のページのデプロイ設定でSFTPを選んで設定を更新してください。

git-sftp-1.png git-sftp-2.png

デプロイ方法をSFTPに変更するとGitによるデプロイはご利用いただけません。Gitを利用したい場合は改めて設定変更を行なってください。
デプロイ方法の設定は何度でも変更できます。アップロードしたファイルの同期処理はデプロイ方法を変更した際に自動的に行われます。

今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。

2012.11.07 Wednesday

Sqaleでcronが利用できるようになりました

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。
皆様からご要望いただいておりましたcronがご利用いただけるようになりました!

SSHでアプリケーションコンテナへログインしていただき、$ crontab -eで編集可能です。
cron登録数、最小実行間隔については、制限は設けておりません。
※ご利用状況に応じて、制限に変更がある場合があります。予めご了承ください。

cron
▲ 忘れがちなcronの書き方についての説明付きです(ちょっと便利!)

「このライブラリを使えるようにして欲しい」「この機能があれば便利なのに」といったの要望がありましたら、 お問い合わせフォームや、GithubのIssuesからお気軽にご連絡ください。

今後ともSqaleをどうぞよろしくお願いいたします。

2012.11.02 Friday

(完了)データベースサーバのメンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ

追記
メンテナンスが終了いたしましたので、サービスを再開しました。
今後ともSqaleをよろしくお願いいたします。

Sqale をご利用の皆様にメンテナンスのお知らせです。
以下の日程でお客様のデータベースサーバのメンテナンスに伴うサービス停止を実施いたします。

【実施日時】
2012/11/6(火)11:00〜11:30
 ※ 終了予定時刻に関しましては、 メンテナンス作業状況により変更する場合があります。

【内容】
・お客様のデータベースサーバのメンテナンス
・ダッシュボードのデータベースサーバのメンテナンス

【影響範囲】
・お客様がお使いのデータベースへの接続不可
 ※メンテナンス実施時間内(11:00~11:30)で3分ほど利用できなくなります。
・sqale.jp サイトの閲覧不可

ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

2012.10.29 Monday

ダッシュボードでマイグレーション(rake db:migrate)の実行ができるようになりました。

ダッシュボードでマイグレーション(rake db:migrate)の実行ができるようになりました。

migrateボタン

ログイン後、ダッシュボードのアプリケーション一覧から、 マイグレーションを実行したいアプリケーションの【詳細】ボタンをクリック、 その後【アプリケーションの操作】タブをクリックしてください。


migrateボタン

マイグレーションの実行【実行する】ボタンをクリックするとマイグレーションが開始されます。


■ダッシュボード
https://sqale.jp/dashboard

さらなる機能開発を進めて参ります。 今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。

2012.10.25 Thursday

(解決済)クレジット決済でVISAをご利用のお客様へ

追記:17:58
同サービスの障害が復旧いたしましたのでご報告申し上げます。
お手数ではございますが、該当ブランドでの決済をご希望のお客様は、今一度、お試し頂けますと幸いです。

平素はSqaleをご利用頂き、誠にありがとうございます。

2012年10月25日(木) 08時03分頃から、 【クレジット決済:VISA】での決済において一部決済が出来ない現象が発生しております。

原因はカード会社の提供する本人認証サービス(3Dセキュア)に障害が発生していることによるものでございます。

VISAブランドのカードでのお支払いをご希望のお客様は、復旧まで暫くお待ち頂きますようお願い申し上げます。 お急ぎの方は、お手数ですが、他ブランドのカードに変更頂き、ご入金頂きますようお願いいたします。

2012.10.18 Thursday

(復旧完了)SFTPでの接続ができない障害が発生しております

追記:16:58
復旧完了いたしました。
今後ともSqaleをよろしくお願いいたします。

平素は Sqale をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

現在、お客様のアプリケーションにSFTPで接続できない障害が発生しております。

【影響範囲】 ・アプリケーションへのSFTPでの接続

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません。
復旧完了まで今しばらくお待ち頂きますようお願いいたします。

Sqale サイトへ
Categories
Archives
Selected entries
Profile
Search this site.
Feeds