Sqale で静的なウェブサイトを公開する

Sqale 上で静的なウェブサイトを公開する手順について説明します。


前提


Gemfile と config.ru ファイルを用意する

Sqale でサイトを公開するためには Rack という仕様に準拠したファイルが必要となります。

新しいディレクトリ my_site を作成し、 Gemfileconfig.ru という二つのファイルを作成し、それぞれのファイルに以下の内容をコピーして保存してください。


Gemfile

source :rubygems

gem "rack"
gem 'rack-cache', require: 'rack/cache'
gem 'rack-rewrite'
gem 'rack-contrib'


config.ru

require "rubygems"
require "bundler"
Bundler.require(:default)

use Rack::StaticCache, urls: %w(/images /javascripts /stylesheets /favicon.ico), :root => "public"
use Rack::ETag
use Rack::Cache
use Rack::Rewrite do
  rewrite '/', '/index.html'
end
run Rack::Directory.new('public')


公開したい HTML ページ、スタイルシート、画像などを用意する

先ほど作成した my_site ディレクトリの直下に public という名前のディレクトリを作り、 Sqale で公開するサイトに必要な HTML ページやスタイルシートや画像などを public ディレクトリの中に配置してください。 public/index.html というファイルがトップページとなります。スタイルシートや画像に対するリンクは public ディレクトリを基準として記述してください。

以下のようなファイル配置になっていれば ok です。

.
├── Gemfile
├── config.ru
└── public
    ├── images
    │   └── logo.png
    ├── index.html
    └── stylesheets
        └── site.css


新しいアプリケーションを作成する

サイト公開用に新しく Sqale でアプリケーションを作成します。ダッシュボードにログインして新規アプリケーションの作成を行なってください。アプリケーションの作成方法については以下のページもご覧ください。


SFTP でサイトをアップロードする

Cyberduck などの SFTP クライアントを利用して my_site ディレクトリの内容をアップロードしてください。

画像


動作確認する

ダッシュボード からアプリケーション詳細ページへ進み、アプリケーションの URL をクリックしてサイトが公開されているか確認してください。