SFTPアップロードの設定方法 (Windows 編)

このページでは、SFTPを使ってSqaleにアプリケーションをアップロードする手順を説明します。

SFTPとはSSHによる暗号化FTPのことです。SFTPを利用するとファイルを安全にアップロードできます。 SqaleはSFTPに対応しており、WinSCPCyberduckのようなSFTPソフトをご利用いただけます。


アプリケーションを作成する

SFTP で接続するためにはアプリケーションが最低ひとつ必要になります。まず Sqale にログインしてダッシュボードからアプリケーションを作成します。

新しいアプリケーションを作成 アプリケーション名を入力してアプリケーションを作成

「アプリケーションを作成しました」と表示されれば完了です。

アプリケーション作成完了画面

Cyberduckのインストール方法

Cyberduck の公式ページ http://cyberduck.ch/ から Cyberduck をダウンロードします。

Cyberduckをダウンロード

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックして実行します。

ダウンロードしたexeファイルを実行

インストーラーの指示に従ってCyberduckをインストールします。インストールが完了したらデスクトップのCyberduckのアイコンをダブルクリックして起動します。

Cyberduckを起動

Cyberduckが起動すればインストールが完了しています。

Cyberduckの起動画面

インストール方法は以上です。


デプロイ設定の変更方法

Sqaleにログインし、アカウント設定 https://sqale.jp/settings/account のページを開きます。

アカウント設定ページ

デプロイ設定の項目をで【SFTP】を選び「更新する」ボタンを押します。

デプロイ設定でSFTPを選ぶ

更新後に「現在のデプロイ設定: SFTP」と表示されていればデプロイ設定の変更が完了しています。

デプロイ設定がSFTPに変更された

デプロイ設定の変更方法は以上です。


Cyberduckの設定方法

Cyberduckを起動します。

Cyberduckの起動画面

「新規接続」ボタンをクリックします。

新規接続ボタンをクリック

プルダウンメニューから「SFTP (SSH による暗号化 FTP)」を選びます。

プルダウンメニューからSFTPを選ぶ

「サーバー」に gateway.sqale.jp と入力します。

サーバーを入力

「ポート」に 2222 と入力します。

ポートを入力

「ユーザ名」に、Sqaleにユーザー登録したアカウント名を入力します。 (例: alice)

ユーザ名を入力

「パスワード」に、Sqaleにユーザー登録したパスワードを入力します。 (入力したパスワードは表示されませんので入力間違いにご注意ください)

パスワードを入力

「パス」に /home/sqale と入力します。

パスを入力

「接続」ボタンを押します。

接続ボタンをクリック

以下のように、Sqaleにユーザー登録したアカウント名と同じ名前のディレクトリが表示されていればSFTPで接続できています。

SFTP接続後の画面

設定方法は以上です。