Sqale 利用規約

第1章 総則

第1条(適用)
  1. 本規約は、本サービスの利用に関する当社とユーザー(第2条に定義します。)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーの本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  2. ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとします。ユーザーが本規約に基づき利用の申込みを行い、又は本サービスの利用を開始することによって、本規約の内容に全て同意したものとみなされます。
  3. 当社が本サービスサイト(第2条に定義します。)上で随時掲載する本サービスに関するマニュアル、禁止事項、諸規程等は本規約の一部を構成するものとします。
第2条(定義)
  • 本規約において使用する以下の用語は、本規約において別段の定めがある場合を除き、以下の各号に定める意義を有するものとします。
  • (1) 「ユーザー」とは、第3条に基づき当社の承認を得て、本サービスの利用契約を締結した者をいいます。
  • (2) 「本サービスサイト」とは、本サービスに関するウェブサイト(PC向けであると、スマートフォン向けのウェブサイトであるとを問いません。)をいいます。
  • (3) 「アプリケーション」とは、本サービスを利用してユーザーが作成するウェブアプリケーションをいいます。
  • (4) 「コンテナ」とは、ユーザーが登録したアプリケーションに割当てを行うアプリケーションの性能を向上させるための機能をいいます。その詳細は別途当社が定めるものとします。
  • (5) 「利用契約」とは、第7条第2項に基づき当社とユーザーとの間で成立する、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約をいいます
  • (6) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。
第3条(本規約等の変更)
  1. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、いつでも本規約の変更、追加、又は削除(以下、「変更等」といいます。)を行うことができるものとします。変更等が行われた後の本規約は、本サービスサイト上に表示された時点よりその効力を生じるものとします。
  2. 前項の変更等の効力が生じた後にユーザーが本サービスを利用した場合には、当社はユーザーが当該変更等に同意しているものとみなします。
  3. 当社は、本規約の内容が変更されたことによってユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。
第4条(通知、連絡)
  1. 当社からユーザーへの通知は、電子メール又は本サービスサイトへの掲載その他当社が適当と判断する方法により行われるものとします。なお、電子メールによる場合は、ユーザーが予め当社に届け出た電子メールアドレス宛てに送信するものとします。
  2. 当社が電子メールの送信又は本サービスサイトへの掲載の方法により通知を行う場合は、以下の時点をもってユーザーに通知が到達したものとみなします。

    • (1) 電子メールによる場合:当社がユーザーに対して発信した電子メールがユーザーに到達した時点
    • (2) 本サービスサイトへの掲載による場合:通知の内容を本サービスサイト上に掲載した時点
  3. ユーザーが当社に連絡をする場合は、当社が他の方法を指定する場合を除き、本サービスサイト上に設置された問い合わせ専用フォームを利用して行うものとします。当社は、これ以外の方法による連絡はお受けいたしません。
第5条(連携サービス)
  1. 当社は、本サービスと連携する第三者の運営するサービス(以下、「連携サービス」といいます。)の全部又は一部を提供する場合があります。この場合においても、連携サービスの利用に関する契約は、ユーザーと連携サービスの運営者の間で成立するものとします。
  2. ユーザーは、連携サービスの提供主体が当社ではないことを認識の上、連携サービスの定める利用条件を遵守するものとします。
  3. 当社は、連携サービスの利用により発生したユーザーの損害等(第三者との間で生じたトラブル及びこれに起因する損害を含みます。)及び連携サービスを利用できなかったことにより発生したユーザーの損害その他提携サービスの利用に関し、一切責任を負いません。
第6条(本サービスの変更)
  • 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく、いつでも本サービスの内容の全部又は一部を変更することができるものとします。なお、第3条(本規約の変更)の規定は、本条による本サービスの変更について準用します。

第2章 利用契約等

第7条(利用契約)
  1. 本サービスのユーザーとしての利用を希望する者(以下、「利用希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意の上、本サービスサイト内の申込専用ページにおいて、当社の指定する一定の情報(以下、「登録情報」といいます。)を入力の上、当社に対し、利用契約の申し込みを行うものとします。
  2. 当社は、前項に基づく利用契約の申込について審査を行うものとします。当該審査の結果、当社が申込みを承諾するときは、利用希望者に対して申込を承諾する旨を通知するものとし、当該通知が到達した時点をもって、当社と申込者との間に、本サービスの利用契約が成立するものとします。
  3. 当社は、利用希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合又はそのおそれのある場合は、登録を拒否し又は取り消すことができるものとします。

    • (1) 登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    • (2) 当社が運営するサービス(本サービス以外のサービスを含みます。)の利用の停止等の処分を受けたことがある場合
    • (3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ。)である、又は資金提供その他態様の如何を問わず反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • (4) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
  4. 本サービスの利用のために必要な情報(登録情報を含みますが、これに限定されません。)の入力にあたっては、利用希望者が情報の取得、提供等に関する一切の責任を負うものとし、当社はこれに関する如何なる責任も負わないものとします。
第8条(登録情報等の変更)
  1. ユーザーは、登録情報その他本サービスの利用にあたって当社に届け出た情報に誤り、不足等があることが判明し、又は変更が生じた場合には、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項等を当社に届け出るものとします。
  2. 当社は、ユーザーが前項に定める届出を行わない場合は、ユーザーが届け出た情報を真正な情報とみなすことができるものとし、変更の届出が行われないことに起因し又は関連してユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第3章 アプリケーション等の登録

第9条(アプリケーション等の登録)
  1. ユーザーは、本サービスサイト上に定める当社所定の手続きに従い、アプリケーション又はコンテナ毎に、その登録を申し込むものとします。ただし、1アカウントにつき登録可能なアプリケーション又はコンテナの数は当社が別途定めるところによるものとします。
  2. 前項の申込みに対し、本サービスサイト上に登録の完了を示す旨の表示がされた時点をもって、アプリケーション又はコンテナの登録は完了し、ユーザーは当該アプリケーション又はコンテナの作成、利用することができるものとします。
  3. アプリケーションの登録をしたユーザーが、その登録期間中、ユーザー資格を喪失した場合は、その理由を問わず当然に全てのアプリケーション及びコンテナの登録も抹消されるものとし、ユーザーは予めこれに同意するものとします。
第10条(お試し期間)
  • ユーザーは、前条に基づきアプリケーションの登録が完了した日から起算して15日間(以下、「お試し期間」といいます。)は、無料で当該アプリケーションを作成、利用することができるものとします。ただし、お試し期間中は、当該アプリケーションにコンテナを割り当てることはできないものとし、利用可能なアプリケーション等の数又は機能等は、当社が別途定める範囲に制限されるものとします。
第11条(お試し期間の終了)
  1. ユーザーは、お試し期間終了後も、当該アプリケーションの作成、利用の継続を希望する場合には、当社が別途通知する支払期日までに、お試し期間の満了日の属する月の翌月分のサービス利用料金(次条に定めます。)を支払うものとします。なお、当該お試し期間の満了日が月末日ではない場合は、お試し期間の満了日の翌日からその月の末日までの日数に、別途定める日割料金を乗じて算出した金額を支払うものとします。
  2. ユーザーが、お試し期間の満了日までに、前項に従いサービス利用料金を支払わないときは、当社は、当該お試し期間の満了日をもって、ユーザーがアプリケーションの登録を解除したものとみなします。
  3. アプリケーションの登録の有効期間は、1カ月間を1登録期間とし、ユーザーが当社の定める手続きに従って登録の解除の通知をしない限り、その後もさらに1カ月毎に更新されるものとします。ただし、お試し期間の満了日の属する月においては、お試し期間終了日からその月の末日までの期間を1登録期間とします。
第12条(利用料金)
  1. ユーザーは、本サービスの利用の対価として、登録したアプリケーション及びコンテナの数に応じて、月額制のサービス利用料金(以下、「利用料金」といいます。)を支払うものとします。利用料金の金額、支払方法及び支払期日等は別途当社が本サービスサイト上において定めます。なお、利用料金の支払に必要な費用は、ユーザーの負担とします。
  2. 当社は、ユーザーに通知することなく、いつでも利用料金の変更を行うことができるものとします。利用料金の変更が行われた場合は、変更後はじめて成立又は更新したアプリケーション又はコンテナの登録について変更後の料金を適用するものとします。
  3. 当社は、ユーザーから既に支払われた利用料金の返金は行わないものとします。但し、別途当社が定める事由に基づく場合又は当社の故意若しくは重大な過失により、予め支払われた利用料金に相当する本サービスの提供ができない場合はこの限りではありません。
第13条(アプリケーション等の登録の解除)
  1. ユーザーは、いつでも当社が別途定める方式により当社に対し通知することにより、アプリケーション又はコンテナの登録を解除することができます。ただし、お試し期間以外においては、アプリケーション又はコンテナの登録は、解除の通知をした日の属する月の末日まで継続するものとします。
  2. 当社は、ユーザーが利用料金の支払をしない場合、又は本規約のいずれかの条項に違反した場合には、当該ユーザーに通知することなく、アプリケーション又はコンテナの登録の解除を含む本サービスの一部若しくは全部の提供停止又は利用契約の解除等の措置を行うことができるものとします。この場合においても、当該措置がなされた日の属する月の末日までの利用料金は発生するものとし、当社は利用料金の返金を行いません。
  3. ユーザーは、自己の責任において、アプリケーションに関するデータのバックアップ等の保存を行うものとし、当社は、アプリケーションの登録の解除後におけるデータの消滅、毀損等に関して一切その責任を負わないものとします。

第4章 ユーザーの責任

第14条(利用環境の整備)
  1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、通信回線などのすべてを自己の責任と費用をもって準備し、本サービスを利用するために必要となる全ての環境の整備及び維持管理を行うものとします。
  2. 当社は、ユーザーの使用する本サービスの利用に供する装置、ソフトウェア又は通信網の瑕疵、障害、動作不良、若しくは不具合により、ユーザーに損害が生じたときであってもその一切の責任を負いません。
第15条(自己責任の原則)
  1. ユーザーは、本サービスを利用して、発信、保存若しくは登録するデータ又は運営するサービス(以下、「ユーザーデータ等」といいます。)につき一切の責任を負うものとし、ユーザーデータ等に関して、第三者によりクレーム、トラブル、請求、紛争等(以下、「クレーム等」といいます。)が生じ、又は損害を与えた場合には、当該ユーザーは自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. ユーザーは、自己の責任において、ユーザーデータ等のバックアップ等保存を行うものとし、当社は、又はユーザーデータ等の保存、毀滅等に関して一切その責任を負わないものとします。
第16条(アカウント等の管理)
  1. ユーザーが本サービス上で登録するアカウント及びパスワード(以下、「アカウント等」といいます。)は、ユーザー本人のみが使用するものとし、本サービスの他のユーザー又は第三者に使用させ、又は譲渡等することは一切できないものとします。
  2. ユーザーは、アカウント等の保管、使用等の管理についての全責任をもつものとし、アカウント等を利用して行われた行為は、当該アカウント等を登録したユーザーの行為とみなすことに同意するものとします。ユーザーによるアカウント等の紛失、失念、漏洩、開示又はこれらを起因とする第三者のパスワードの不正使用等から生じた損害については、当社は一切その責任を負わないものとします。
  3. ユーザーは、アカウント等の盗用、第三者による使用等の事実が判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。
  4. 当社は、ユーザーに対し、アカウント等の使用等に関する確認のため、必要な資料の提出を求める場合があります。ユーザーは、当社から資料の提出を求められた場合には、速やかに指定された資料を提出するものとします。
第17条(禁止行為)
  1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号に定める行為又はそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。

    • (1) 他のユーザー、第三者、又は当社が保有する知的財産権及びその他の権利を侵害する行為
    • (2) 他のユーザー、第三者、又は当社が保有する財産又はプライバシーを侵害する行為
    • (3) 他のユーザー、第三者、当社に不利益又は損害を与える行為
    • (4) 個人情報の売買又は譲受に当たる行為
    • (5) 公序良俗に反する行為又はそれを助長する行為
    • (6) 公序良俗に反する情報を他のユーザー又は第三者に提供する行為
    • (7) 法令に違反する行為や犯罪行為又はそれを教唆、幇助等する行為
    • (8) 事実に反する、又はそのおそれのある情報を提供する行為
    • (9) 他のユーザー、当社、又は第三者が入力した情報を不正に改竄する行為
    • (10) ユーザー以外の他人になりすまして本サービスを利用する行為、又は、情報を送信、受信若しくは表示する行為
    • (11) IPアドレス、アカウント、パスワード、及びドメイン名を不正に使用する行為、又は、不正目的をもって使用する行為
    • (12) コンピューターウイルス等有害なプログラムを本サービスを通じて、又は、本サービスに関連して使用又は提供する行為
    • (13) 本サービス及び当社が提供する他のサービスの運営を妨げる行為
    • (14) 当社、本サービス及びその他当社が提供するサービスの信用・名誉等を傷つける行為
    • (15) 当社の許諾を得た場合を除き、本サービスを利用して本サービスと同様のサービス、関連サービスを第三者に提供し、又は本サービスその他の当社が提供するサービスを再販売する行為
    • (16) 本サービスを利用して、事前に承認していない多数の送信先に対する情報の配信行為、又は事前の承認の有無にかかわらず、一定期間に大量のメール等を配信する行為
    • (17) 公職選挙法に違反する行為
    • (18) 本規約又は当社が定める規約、規定等に違反する行為
    • (19) その他当社が不適切と判断する行為
  2. ユーザーは、本サービスを利用して、以下の各号に定める、いわゆるアダルトサイト等の運営行為及びそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。

    • (1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)(以下、「風俗営業法」という。)の定める性風俗関連特殊営業を行う行為、又は第三者にこれを行わせる行為、又は風俗営業法の定める性風俗関連特殊営業に関する情報を第三者の閲覧、利用のために供する行為、又は第三者にそれを行わせる行為
    • (2) 前号に定めるもののほか、文字、画像、音声又はその他の何らかの方法により、性的な好奇心を煽る情報を、他のユーザー、又は第三者に閲覧させる目的又は配布する目的で掲載し、若しくは第三者をして掲載させる行為、又はそれに類似する行為
第18条(情報の削除)
  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当し、又はそのおそれがあると当社が判断する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーデータ等の削除、又は公開・発信を停止することができるものとします。

    • (1) 第17条に定める禁止行為に該当する場合
    • (2) ユーザーデータ等の容量が当社所定の容量を超過した場合
    • (3) 第三者からユーザーデータその他の情報等に関して、損害賠償請求、クレーム等がなされた場合
    • (4) 他の本サービスのユーザーまたは第三者から、ユーザーデータ等により自己の権利等が侵害されたとして、当社に対し当該ユーザーデータ等の全部または一部の送信防止措置申し出がなされた場合において、当社からユーザーに対して、回答期限を定めて意見を照会したにもかかわらず、回答期限を経過してもユーザーが当社に対し、当社が定める方法により何らの回答をも行わない場合
    • (5) 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成十三年十一月三十日法律第百三十七号)第3条の2第2号に定める申出が当社に対してなされた場合において、ユーザーが、公職選挙法第142条の3第3項に規定する「電子メールアドレス等」を、同項又は同法第142条の5第1項の定めに従って表示していないと当社が判断した場合
    • (6) 前2号により当社が削除したユーザーデータ等の全部または一部をユーザーが再度掲載した場合
    • (7) その他、当社が必要と判断した場合
  2. ユーザーが本サービスを利用して公開等する情報に関するすべての責任は当該ユーザーにあり、当社は、前項に関して、情報を監視・削除する義務を負わず、又、当社が前項に定める削除を行い、又は、行わなかったことによりユーザー又は第三者が被った損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
第19条(利用制限)
  1. 当社は、以下のいずれかに該当し、又はそのおそれがあると当社が判断する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、即時に当該ユーザーの本サービスの利用の停止、アプリケーション又はコンテナの利用の停止、登録の抹消、利用契約の解除、ユーザー資格の取消等の措置とることができるものとします。

    • (1) 本サービス、及び、関連サービスを含むユーザー向けサービス、又は当社が提供するその他のサービスの全部又は一部の運用に影響を及ぼす行為があった場合
    • (2) 第17条(禁止事項)に定めるいずれかに該当し、又は同条に違反する目的で本サービスを利用する行為、又はそれに類似する行為が認められた場合
    • (3) ユーザー宛に発送した郵便物が、理由の如何を問わず、当社に返送され、電話、メール、FAX等によっても連絡が取れない場合
    • (4) 第7条第3項各号に定めるいずれかに該当する場合又はそのおそれがある場合
    • (5) その他当社が必要と判断した場合
  2. 当社は、前項の措置の実施によってユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。
第20条(本サービスの停止等)
  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。

    • (1) サーバー、通信回線若しくはその他の設備の故障、障害の発生又はその他の事由により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (2) 本サービス提供用の設備(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
    • (3) 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
    • (4) 地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (5) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病の蔓延等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (6) 法令による規制、司法命令等の適用により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (7) その他、運用上、技術上当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
  2. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によってユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。
第21条(保証の否定及び免責)
  1. 当社は、ユーザーデータ等につき如何なる保証も行うものではありません。さらに、ユーザーが当社から直接又は間接に本サービス又は他のユーザーに関する情報を得た場合であっても、当社はユーザーに対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。
  2. ユーザーは、本サービスを利用することが、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。
  3. 本サービス又はユーザーデータ等に関連してユーザーと他のユーザー又は第三者との間において生じた取引、紛争等については、ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。
  4. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーデータ等の削除又は消失、ユーザーの登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を一切負わないものとします。
  5. 本サービスサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本サービスサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関してその理由を問わず損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第5章 損害賠償等

第22条(紛争処理及び損害賠償)
  1. 当社は、本サービスの利用に関して、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、ユーザーに損害が発生した場合には、当該損害が発生したアプリケーションにかかる利用料金のうち、損害が発生した日の属する月の利用料金に相当する金額を上限として、損害賠償の責任を負うものとします。なお、当社は、ユーザーに対し、当該損害に関して利用料金等の返金をした場合には、返金額に相当する範囲において損害を賠償する義務を免れるものとします。
  2. ユーザーが、本規約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該ユーザーとの利用契約を解除したか否かに関わらず、当該ユーザーは当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、ユーザーと第三者との紛争、その他ユーザーの責めに帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部としてユーザーに請求することができるものとします。
  3. 前項の規定は、法人又は団体が当該法人又は当該団体に所属する個人をユーザーとして登録した場合において、当該個人が本規約に定める事項に違反したことにより当社が損害を被った場合には、その時点で当該個人が法人又はその他の団体に所属しているか否かに関わらず、当該法人又は当該団体が当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第6章 秘密保持

第23条(秘密保持)
  1. ユーザーは、本サービスの利用に関して知り得た当社の営業上、技術上その他一切の情報(以下、「秘密情報」といいます。)を、本サービスの利用のために必要となる場合を除き、態様の如何を問わず利用してはならないものとし、かつ、第三者へ開示又は公表したり、複製、翻訳、翻案、解析、改変等をしてはならないものとします。
  2. ユーザーは、理由の如何を問わず本サービスを利用しなくなった場合、又は当社が請求した場合には、秘密情報を、直ちに当社に返還するものとします。
第24条(個人情報等の取扱い)
  • 当社は、本サービスの利用に関連して、ユーザーの個人情報を取得した場合には、個人情報の保護に関する法律、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン等を遵守し、当社が別途定める「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」に従って取り扱うものとします。
第25条(情報の開示)
  • 当社は、以下の各号に該当するときは、必要な範囲において、本サービスの運営にかかるサーバ上に記録、保存等された情報等を閲覧し、保存し、また、ユーザー又は第三者に開示することができるものとします。当社は、これにより生じたいかなる結果及び損害についても、一切責任を負わないものとします。

    • (1) 本規約に違反する事実の有無を確認する必要があるとき
    • (2) 人の生命、身体及び財産等に差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとき
    • (3) 刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他法令に基づく裁判所の命令若しくは強制の処分が行われたとき、又は法令等に定める義務を履行する必要があるとき
    • (4) 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたとき、又は開示を認める決定若しくは判決等の裁判があったとき
    • (5) 本サービスの技術的不具合を解消するために必要あるとき
    • (6) ユーザーが開示等に同意したとき
    • (7) その他本サービスを適切に運営するために必要が生じたとき

第7章 雑則

第26条(権利の譲渡等)
  1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位並びに本規約に基づく権利及び義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し又は承継させる場合(併せて、本状において以下「譲渡等」という。)には、当該譲渡等に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該譲渡等の相手方に譲渡、開示することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡等につき予め同意したものとします。
第27条(権利帰属)
  • 本サービスサイト及び本サービスに関する著作権等の知的財産権その他の一切の権利は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定めがある場合を除き、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の権利の移転、譲渡、使用許諾その他の処分を意味するものではありません。
第28条(分離可能性)
  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により 無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
第29条(準拠法及び管轄裁判所)
  • 本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、その訴額に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第30条(協議解決)
  • 当社及びユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。
附則
  • 本規約は、2012年5月23日から制定・施行します。
    ただし、第10条乃至第12条第2項及び第3項については、ベータ版提供期間経過後(8月22日以降)のご利用に適用します。
  • 改定:2013年6月25日